玳瑁(タイマイ)と鼈甲(べっ甲)の歴史

西暦 時代 べっ甲の歴史
600 飛鳥 聖徳太子、小野妹子を隋に遣わしタイマイをもたらす。
604   「玳瑁如意(たいまいにょい)」「玳瑁杖(たいまいのつえ)」「螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」等中国からもたらされ、東大寺正倉院の宝庫に所蔵される。
724 奈良 奈良 ・聖武帝の御物として正倉院に御鏡の外箱にべっ甲が使用される。
903 平安 菅原道真を祭る道明寺天満宮に「玳瑁装牙櫛(たいまいそうげのくし)」が国宝として所蔵される。
1192 鎌倉 鎌倉八幡宮宝物殿に矢たて、その他にタイマイを使った製品が宝物として現存。
1603 江戸 中国で生み出された技法は、16世紀にポルトガルに入り、マカオ地域に住んでいた中国人により製品は作られ、ポルトガル人の来日により長崎に伝えられ、長崎を中心にべっ甲細工の技術が発達する。
1701   オランダよりべっ甲を船にて輸入、長崎にべっ甲業を始める者が出る。
1782   江戸においても簪、櫛などが作られるようになったが、高価なため元禄時代には「奢侈(しゃし)禁止令」により、玳瑁を鼈甲(べっ甲)と称する様になる。
1877 明治 ウミガメ増殖事業開始(東京府)
1909   イギリス万国博覧会出品、受賞。
1918 大正 パリ万国博覧会出品、受賞。
1982 昭和57 東京都伝統工芸品「江戸鼈甲」の指定を受ける。