鼈甲(べっ甲)の製造工程

1.生地取り/切り出し

甲羅に、作る製品の形を描き糸のこで切り出します。その時、甲羅を何枚か張り合わせて肉厚を出す為、甲羅の模様を一致させながら切り出します。


左:張り合わせする鼈甲(べっ甲)の色合わせ
右:甲羅を製品の形に合わせ、切り出し

2.荒削り/やすりがけ

「がんぎ」と呼ばれる道具で甲羅表面の傷等を取りながら整え、荒削りしたものを布ペーパーやトクサなどで滑らかになるように擦っていきます。


左:張合わせる鼈甲(べっ甲)を合わせておく
右:がんぎで削り出し

3.張合わせ

水と熱で張り合わせますが、整えた部材を水に浸して、柳の板に挟み、熱した金板で圧縮して張り合わせます。この時の浸し方と温度と圧力との加減で張り合わせの良否が決まるといわれ、長年の年季と熟練がものをいいます。


左:万力で圧を加える
中:張り合わせるものを万力にセット。(1)
右:(1)で張り合わせた部材をパーツごとに切り出し、再度眼鏡の形状にするために張り合わせをする

4.中削り/成形

張り合わせたものをヤスリ・小刀等で形を整えます。それぞれの製品に合わせ、切り、曲げなどして型をつくります。


左:ブリッジを押し出すために鼈甲(べっ甲)を温める
中:やすりがけをし、形を整える
右:小刀で傷を取り除く

5.仕上げ

柔らかい布に磨き粉を付けて下磨きを行い、それに油分を付けて磨き光沢を出して仕上げます(バフ磨き)。


左:つやをだすためのバフ磨き
右:完成