修理

鼈甲素材は最大の長所のひとつが破損修復が可能なこと。また、磨き直しによる光沢の再現

家庭での保管方法について

・使った、後は柔らかい布で表面をさっと拭く。
・暫く使わない場合は、防虫剤と一緒に箱などに入れて保管する。
・樟脳の効いたタンスなどの中にしまう。
・水にあたらないように、水に付いた場合はすぐに拭く
・日の当たらない場所に保管する
・強く押されると壊れやすいので、しっかりした箱などに入れる

お直し方法

メガネの割れや虫食いは主に熱した鉄製の工具を使い鼈甲(べっ甲)の修理箇所に熱を伝えながら壊れた部分に新しく切り出した鼈甲(べっ甲)を修理品の状態に合わせて張り合わせてゆきます。
残っている鼈甲(べっ甲)に新しい鼈甲(べっ甲)を独自の技法で丁寧に付けてゆきますので、鼈甲(べっ甲)の状態や劣化の具合により、修理ができない場合がございます。
髪飾りや表面に蒔絵の描かれているものなど、細かな加工を施した鼈甲(べっ甲)小物は挟み付けることが難しいため修理できるものはごくまれです。
また、海外の製品の修理は受け付けておりません。